花見の3本

「ルロワ・ムルソー1er レ・ペリエール1997」「リシュブールDRC2000」「モンラッシェ・ドメーヌ・ピエール・モレ1988」。ルロワの落ち着きと奥行きは素晴らしく、しずかにうなってしまう感じ。ピエール・モレのモンラッシェは、1988なのに、驚く程の力強さ、まだまだ余力を残していると思える潜在力に圧倒される。リシュブールの素晴らしさは言うまでもない。これ以上の組み合わせでワインを飲んだことはかつて無かった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中