映画『アリス・イン・ワンダーランド』

立体視の映画にもいろいろなパターンがあるが、意外とこのアリスのわざとらしい立体感は好き。ティム・バートンにしては、あまりにもわかりやすくて驚きの内容だ。子供用映画として意識されている部分も多いのだろう。クリーチャー達は魅力的なものが多い。特にチェシャ猫は立体視に適している。でも、これが「アバター」を超える興行収入になるとは、どうも考えにくいが・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中