『セブラーマン〜ゼブラシティの逆襲』

ゼブラーマンが遠心分離機にかけられて、黒ゼブラーマンと白ゼブラーマンに分離して対決する。そんなストーリーがちょっと気になって見てみた。クドカンは好きなのだが、この三池監督は、かつての「ジャンゴ」以来、生理的に噛み合ない。笑いどころや落としかたが、いちいち合わないと感じるのは私だけだろうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中