『ザ・キャラクター』:世界に通用しないモノを創る

NODA MAP『ザ・キャラクター』。パンフレットの冒頭に「世界に通用しないモノを創る」と題して、書かれている野田氏の文章。世界に通用しているものとして「英国の役者の子供がピカチュウのカードを集めていたり、微笑ましい。」とある。その正反対のモノを創るぞ!その名も『ザ・キャラクター』。麻原彰晃のような書道家(古田新太)の狂気が中心に描かれており、「キャラクター」は書家が描く「文字」を意味しているのだろう。

↓ パンフレット

↑ パンフレットの写真は、全て篠山紀信撮影。

宮沢りえの熱演が高く評価されていて、作家の怒りが乗り移ったような啖呵(たんか)を切るところが見どころ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中