『ポキィ追悼』特集

10月24日午前11:30。「夕やけの丘動物病院」にて愛犬ポキィは息を引き取りました。11歳5ヶ月でした。病名は『表皮向性リンパ腫』という悪性のリンパ腺の癌。抗がん剤、ステロイド剤、抗ヒスタミン薬など様々な薬で、約40日間戦いましたが力尽き、最期は肺水腫になり即死でした。

ポキィの11年間を写真で振り返ってみると・・・

↑<生後6ヶ月>

ペットショップで、大きくなりすぎて処分される寸前で石原家に。

1999年11月。この時、体重は既に16kg。子犬とは言えない。

 

↑<1歳>

↑<1歳半>

↑<2歳>ヴィンスと昼寝

↑<3歳>ライコウと

↑<4歳>初の旅行へ

↑<5歳>

↑<6歳>

↑<6歳半>ゴルフへ

↑<7歳>バストイをかじって叱られる

↑アメリカ製のぬいぐるみは野性を蘇らせ

↑<7歳半>ダイエット中の犬としてNHK出演をはたす

↑<8歳>オリジナル・ウェアで箱根へ旅行

↑<8歳半>エルメスの首輪で正装

↑クラウドチェイサーというウェアが似合うポキィ

↑<9歳>「ライラの冒険」が流行し、ポキィのダイモンを「うさぎ」に

↑<9歳半>ポキィ山荘完成

↑クリスマス

↑豪雪の中でウンチ

↑<10歳>千鳥ヶ淵の満開の桜を背景に

↑ポキィ山荘にて、水遊び。でもちょっとイヤ。

↑ちょっとアンニュイな時もあるが・・・

↑誕生日プレゼントのお菓子には興味あり

↑最近、この寝方がとても気に入っている

↑今日はとても調子がいい

(この写真が遺影になりました)

その4ヶ月後

↑<11歳5ヶ月>

10月24日。旅立ちの朝。桜の木の下で動かないポキィ。


正直なところ、ちょっと疲れたので、そろそろ

この4時間後に他界。

<翌日>

↑10月25日。花に囲まれてさようなら。

『ポキィ追悼』特集” への3件のフィードバック

  1. 読んでいて、泣きそうになりました。
    ポキィに、最後に会ったのは、5,6年前でしょうか、、
    うちのこも、もはや8歳です。
    出来るだけ、長生きしてもらいたいものです。
    心から、ご冥福をお祈りします。

    いいね

  2. 江里子がポキィのことを思い出して、静かに泣いています。

    家族の一員として幸せだったことがブログからもよくわかります。
    河津の「四季の蔵」は、まるも大好きでときどき泊まりに行くんですよ。
    雪の中でウンチ、思わず笑っちゃいました。

    お二方の心中をお察しするとともに、ポキィのご冥福をお祈りします。

    いいね

  3. 大変ご無沙汰しております。また、不義理で申し訳ございません。
    そして、突然のコメントを、お赦しください。

    定徳時代、どんなお皿でも、お腹いっぱいご飯を食べて、
    どんな場所でも、力いっぱい走り回っていたpokey。
    亡くなってしまったんですね……
    成仏を、心から、願っています。

    子供を連れて、北の丸公園等で遊んでいるときに、ばったり会えたらいいのにと、勝手に思ったりしていましたが、もう、それも叶わないですね。

    pokey、どうぞ、やすらかに、眠ってください。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中