83年のクロ・ド・ラ・ロッシュと05年DRCエシェゾー

97年のルフレーブのレピュセルは、2000年代と比べて、優しさと奥行きが増して繊細になっている。83年のアルマンルドーのクロ・ド・ラ・ロッシュは、充分に力がありルソーらしい気品を蓄えている。

S氏にごちそうして頂いたDRCのエシェゾーは、素晴らしい味わい。わかりやすくて、万人がおいしいと言うだろう。値段には異論があるかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中