フィリップ・パカレの白と鮎の塩焼き

玉の湯の料理は、丁寧で、凝っていて、地場野菜を使い、そして量が多い。ワインはシンプルなリストだが、フィリップ・パカレの白があったので、注文。「このフィリップ・パカレのピュリニー・モンラッシェを下さい。」と言うと、中居さんが「番号で言って下さい。」というので「えーと、白の7番です。」と言う。「はいはい、白の7番ですね。承りました。」

出てきた料理は、鮎の塩焼き。この時期に鮎が食べられるのか、と感心する。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中