ガイア「アルティニ・ディ・ブラッシカ」

六本木ヒルズにて。「このガイアの白は、シャルドネですか?」と聞いたら「はいそうです。」というので、それは楽しみなので注文した。驚く程、クリアで瑞々しい、植物的だ。「これが、シャルドネ。すごいね。こんなシャルドネ、飲んだことない。」「そうですか。ありがとうございます。」しばらくして料理がすすみ、徐々に疑問が湧いてきたNは、iPhoneで検索。「ねえ、これソービニョン・ブラン100%だよ。」「えっ!全然違う筈だ。なんだよ、全く。」

というわけで、一気に評価が落ちた。ワインではなく、そのお店の・・・。やっぱり、知ったかぶりをしてはいけない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中