映画『タンタンの冒険』

昔のベルギーのコミックを映画化するという地味な試み。しかし、スピルバーグとピーター・ジャクソンが組んでやると、こんなエンターテイメントになる。

まるで、映画「レイダース」のような冒険活劇。そして、映画「アバター」が示した映画の未来にも似て、ここには映画の新しい作り方が満ちている。3DCGが、ここまで進化すると、役者、俳優は役割が変わってきそうだ。悪役(サッカリン)を演じたダニエル・クレイグは、一体、どこまでを演じたと言えるのだろうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中