セントーサGC(Sentosa Golf Club)

シンガポールで一番のゴルフコースと言われるセントーサGC。特にセラポンコース(Serapong)はバークレーオープンが開催されたことで有名。おそろしく難しい。しかし、その難しさは正当派の難しさなので、ついついまた挑戦したくなる。

コースの半分が水なんじゃないかと思えるほど、水のからむホールが多い。

ナイスショットをしたと思っていても、切れこんだ池に落ちていることも多く。

バンカーも難しい条件が多い。

一方、タンジョン・コース(tanjong)は、もう少し易しいが、特徴に欠ける。やるなら、やはりセラポンコースだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中