ドラゴンタトゥーの女、再び

小説(「ミレニアム」)を読み、スウェーデン映画も見て、今回のデヴィッド・フィンチャー作を見る我々は、かなりミレニアムに深く入り込んでいるので、この映画だけを客観的に見るのが難しい。

そんな我々は、もっと魅力的なリスベット・サランデルを期待していたし、もっと緻密で濃密な人物表現を期待していた。「ソーシャルネットワーク」のザッカーバーグのように・・・。そういう点では失望感の大きい映画だったが、また、いつかスウェーデンには行ってみたくなった。この映画を、予備知識無く初めて見る人の感想が聞いてみたい。

ちなみに、昔のスウェーデン映画では、以下の配役だった。

いま見るとそんなに悪くないんじゃないか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中