ドッグショー2012@ビッグサイト

Wikiによると『ドッグショーとは、純血犬種の品評会である。犬の良し悪し、単純な美しさを競い合うものではなく、その犬種の基本的な犬種標準(スタンダード)に最も近いかを競うもの。』

ビッグサイトの会場に入った途端、当たり前だけど犬くさい。我々の目当ての犬は、スキッパーキ、フラットコーテッド・レトリバー、ジャック・ラッセル・テリアなどだが・・・シベリアンハスキーの美しさに惚れた。

↑シベリアンハスキーが今年の理事長賞犬となった。

↑フラットコーテッドレトリバーは、数多く出陳されていた。我々が想像していたより大きい犬種だった。これは、ちょっと飼うのが大変そうだ。

↑ゴールデンレトリバーも、改めて素晴らしいと感じた。品格がある。

結論。スキッパーキは小さいクロダヌキのようで可愛い。フラットコーテッドレトリバーは魅力的だが、ちょっと大き過ぎるかも。オーストラリアン・シェパードにちょっと興味を持った。しかし、黒ラブはやはり鉄板。でも、次に飼うのは、ジャックラッセルテリアか、ワイアーヘアードフォックステリア(=『タンタンの冒険』の主役犬)などが有力候補・・・。いずれにしても、やっぱり犬はいい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中