カテゴリー: ヒマラヤ・トレッキング

ティニ村(Thini)トレッキング

ジョムソンに戻り、カリガンダキ川を渡ってティニ村へのトレッキング。

今日は非常に風が強い。

IMGP1760

DSC01960

IMGP1768

IMGP1770

IMGP1777

IMGP1780

IMGP1772

IMG_2380

IMGP1757

約5時間のトレッキング。標高3000m地点まで登る。強風と標高で、疲れるのが早い。

ティティガオン(Titigaon)トレッキング

今回のトレッキングの目玉である、ティティガオン村までのトレッキング。

IMG_2337

IMGP1734

IMG_2363

IMGP1718

IMGP1722

IMGP1726

IMGP1732

IMG_2355

標高2850mのティティガオン村への往復トレッキングは、約8時間を要した。空気も薄く、かなりバテ気味となったが、達成感はアリ。

セコン湖(Sekong lake)へのトレッキング

朝、セコン湖(Sekong Lake)までのトレッキングに出発。

DSC01934

IMGP1664

後方に広がるのはダウラギリ山系。

IMGP1674

DSC01941

セコン湖の標高は2715m。湖に映る山はニルギリ山7061m(Nilgiri)。

IMGP1673

約4時間半のトレッキングだったが、標高が高いので非常に疲れる。初日でまだ体が慣れていないようだ。

 

ダウラギリ山(Dhaulagiri)

ホテルの屋上から見える、ダウラギリ山。標高8167m。

朝日が頂上にあたる瞬間。

DSC01924

今回のトレッキングは、このダウラギリ山(白い山の意味)とニルギリ山(青い山の意味)の周辺を巡る旅となる。

ポカラ〜ナウリコット村(Nourikot)

ポカラからクルマでナウリコット村に向かう。ここから悪路を2時間。

IMGP1646

IMG_2336

途中、マルファ(Marpha)村に立寄る。

DSC01905

DSC01900

入り口の門には、ラマ教の象徴的な目が描かれている。

DSC01902

IMGP1656

DSC01908

ようやくナウリコット村に到着。ここがトレッキングの拠点となるホテル、「ロッジ・タサン・ヴィレッジ」だ。↓

IMG_2365

DSC01912

IMG_2281

コタツのテーブルが嬉しい。

ポカラ〜ジョムソン(Jomoson)

3日目、早朝。ポカラから小型の山岳飛行機でジョムソン(Jomoson)へ。

第一の難関。8000m級の山々の谷間を縫って飛ぶので、非常に風が強いため、かなりの確率で欠航になる。欠航になると陸路を8時間、という長い旅になってしまう。

DSC01887

空港の屋上にて。

後ろに見えるとんがった山は「マチャプチャレ山(6993m)」。「マチャプチャレ」とは「魚の尻尾」の意味だそうだ。

DSC01891

機内の様子(狭い)。

DSC01888

なんとか飛行機は飛び、、、、無事、ジョムソンに到着。結構スリルがある。

DSC01892

IMGP1645

ジョムソンの標高は2713m。かなり空気が薄いと感じる。日本を出て3日目。これから、いよいよトレッキングの旅が始まる。こんな薄い空気の中で長時間歩けるのか?ちょっと不安になる。