カテゴリー: 1.eagle

36本のバラ

12月7日にレイクウッドで後半のハーフを36でラウンド。後日お祝いにK氏から贈られた36本のバラ。

パー72はもちろん無理なんだろうけど、ハーフ36も、もう二度と無理な感じがする・・・

ゴルフって訳がわからない。

『ポキィ追悼』特集

10月24日午前11:30。「夕やけの丘動物病院」にて愛犬ポキィは息を引き取りました。11歳5ヶ月でした。病名は『表皮向性リンパ腫』という悪性のリンパ腺の癌。抗がん剤、ステロイド剤、抗ヒスタミン薬など様々な薬で、約40日間戦いましたが力尽き、最期は肺水腫になり即死でした。

ポキィの11年間を写真で振り返ってみると・・・

↑<生後6ヶ月>

ペットショップで、大きくなりすぎて処分される寸前で石原家に。

1999年11月。この時、体重は既に16kg。子犬とは言えない。

 

↑<1歳>

↑<1歳半>

↑<2歳>ヴィンスと昼寝

↑<3歳>ライコウと

↑<4歳>初の旅行へ

↑<5歳>

↑<6歳>

↑<6歳半>ゴルフへ

↑<7歳>バストイをかじって叱られる

↑アメリカ製のぬいぐるみは野性を蘇らせ

↑<7歳半>ダイエット中の犬としてNHK出演をはたす

↑<8歳>オリジナル・ウェアで箱根へ旅行

↑<8歳半>エルメスの首輪で正装

↑クラウドチェイサーというウェアが似合うポキィ

↑<9歳>「ライラの冒険」が流行し、ポキィのダイモンを「うさぎ」に

↑<9歳半>ポキィ山荘完成

↑クリスマス

↑豪雪の中でウンチ

↑<10歳>千鳥ヶ淵の満開の桜を背景に

↑ポキィ山荘にて、水遊び。でもちょっとイヤ。

↑ちょっとアンニュイな時もあるが・・・

↑誕生日プレゼントのお菓子には興味あり

↑最近、この寝方がとても気に入っている

↑今日はとても調子がいい

(この写真が遺影になりました)

その4ヶ月後

↑<11歳5ヶ月>

10月24日。旅立ちの朝。桜の木の下で動かないポキィ。


正直なところ、ちょっと疲れたので、そろそろ

この4時間後に他界。

<翌日>

↑10月25日。花に囲まれてさようなら。

端正で完璧な『軽井沢GC』

K氏の紹介で軽井沢ゴルフ倶楽部へ。ハイシーズンだというのに、プレイする人は少ない。コースは、トーナメントを控えているゴルフコースより整備が行き届いており、隙なく美しく、しかも難度が高いコース設計。

コースの木々は、美しく(多くはシンメトリカルに)剪定されており、

プレイする人も少ないのに「Play Fast!」。

バンカーのエッジから、ティーグラウンドのエッジまで、とにかく美しい。

最高の贅沢。次は紅葉の時期に訪れてみたい。

Kosta Boda Art Hotel

ここに泊まってみたくて、ストックホルムからわざわざ列車で南下。森と湖が広がるスモーランド地方は「ガラスの王国」と呼ばれている。コスタボダ・アートホテルは、総重量100トンのガラスを運んで2009年に建設。ゲストルームはコスタボダのデザイナーたちによるデコレーションが施されて、1室ごとにインテリアが異なる。私たちが宿泊したのはKjell Engmanの部屋。アートなガラスワークにNは大満足。

花見の3本

「ルロワ・ムルソー1er レ・ペリエール1997」「リシュブールDRC2000」「モンラッシェ・ドメーヌ・ピエール・モレ1988」。ルロワの落ち着きと奥行きは素晴らしく、しずかにうなってしまう感じ。ピエール・モレのモンラッシェは、1988なのに、驚く程の力強さ、まだまだ余力を残していると思える潜在力に圧倒される。リシュブールの素晴らしさは言うまでもない。これ以上の組み合わせでワインを飲んだことはかつて無かった。

ジークンが逝ってしまいました

今年の4月で16才になるはずだったジークンが天国に逝ってしまいました。弱虫なのに強情で神経質な問題児だったけど、よく長生きしてがんばったと思います。

子犬の頃のジークン

Happy New Year

写真解説(左上から)

1。スパニッシュベイの夕陽

2。スパイグラスヒル4thで残り160ヤードをカップインしてイーグルのN

3、4。ペブルビーチ

5。スイングをみがくN

6、7。上海にて皆既日食を見る

8。ジーくんとサヨリのひらき

9。ちょっとアンニュイなポキィ

10。ポキィ山荘の満開の桜

11。石原カップにて、素晴らしい夕陽を背景に(撮影:Y家)

石原家の新メニュー『松茸カルビ』

松茸を3mm程の厚さにスライスして、焼き肉のタレで、カルビ/ロースなどと一緒に。

そして、炭火で焼いて食べる。

なんという旨さ。どうして、これまで思いつかなかったんだろう、と思える程。

絶品です。