ルイジアナ現代美術館

今回の旅行で、我々がもっとも長い時間滞在したのが、このルイジアナ現代美術館だ。コペンハーゲンから電車で約30分。ルイジアナという名の由来は、建物のオーナーの奥さんの名前がルイーズさんであったことから由来しており、米国のルイジアナとは無関係。コレクションが充実している上に、展示環境が素晴らしいので、ついつい時間を忘れてしまう。

入り口では「ウォーホールとムンク」という企画展を開催していた。

ジャコメッティの展示も素晴らしく、

野外展示も充実している。

他にも、草間弥生、杉本博司、森山大道、など日本人の作家の作品も多い。

最後に、マーク・ロスコの作品に出会って、高村薫の「太陽を曳く馬」を思い出した。

↑ マーク・ロスコ「無題」、なかなか写真のフォーカスがあわない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中