クラウディベイ・テココ2006

ソービニョン・ブランには、瑞々しさ、爽やかさ、を求めて飲むのでNZのクラウディベイは、それにマッチしており、パフォーマンスもいい。一方、クラウディベイ・テココ(Cloudy Bay TEKOKO 2006)は、同じ葡萄を使いながら、醸造法の違いで全く違った印象。シャルドネを思わせる複雑さと樽香があり、奥行きもある。どちらも美味しいが、夏に冷たく冷やしてシンプルに飲むなら、クライディベイがよいだろう。どちらもスクリューキャップなので開けやすくて便利。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中