ライラとウィルのベンチ

オックスフォード大学の植物園。

噴水を過ぎて、しばらく行くとベンチがある。

「ライラの冒険」の最後で、ライラとウィルは離ればなれになるが、一年に一度、それぞれの平行世界の同じ場所にあるこのベンチに座って、お互いを感じ合うことにする。ここは、その話に感動したNが、訪れてみたい場所だった。

ちょっと、その隣に失礼するN。

JRRトールキンにしても、ライラの冒険の作者フィリップ・プルマンにしても、このオックスフォードの身近な場所にインスパイアされて、物語を綴っていったのかと思うと、このオックスフォード大学という場所が、ちょっと羨ましくなる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中