HMZ-T1

Nは映画『セカイの向こうに』の中で主人公達が使っていたFMD(フェイス・マウント・ディスプレイ)が欲しくなった。そこで、現行機種でFMDに最も近いと思われるソニーのヘッドマウントディズプレイ『HMZ-T1』を購入。

Tは早速『FF13-2』をプレイしてみた。ピッタリと装着できるように、いろいろな部分がフレキシブルになっていて、どこがベストポジションか、わからなくなってくる。

しかも、やはり重いので5分くらいで、ちょっとクビが疲れてくる。

寝てプレイすると、かなり快適。しかし・・・回りの人には違和感がありすぎ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中